スタッフブログ

焼津市2青年部初の合同例会

 

本日の静岡新聞掲載記事です。先日焼津商工会議所青年部と大井川商工会の青年部の初めての合同例会が実現いたしました。実は写っていませんが会場の末席に自分も参加しておりました。自分も商工会に参加して初めて知ったのですが、市に所属するのが会議所で町に所属するのが商工会という組織で実は同じようでまったく違う組織で市と町は合併してもうすぐ10年経とうとしてますが、こちらはずっと別々に活動してきたようです。(不思議~)

焼津市のさまざまな業種の経営にかかわる方々の集まりということで圧倒されました。慣れない席でしたので小さくなっておりましたが、それでもたくさんの方といろいろなお話ができ大変勉強になりました。

地元のが活発になることはとてもうれしいことです。今後ますます焼津・大井川が元気になっていくよう、当店も今日も元気に営業します!

BCP(事業継続計画)簡易版 取得しました!

焼津市が今推奨しているBCP(事業継続計画)の簡易バージョンにあたる大井川商工会認定、簡易版事業継続計画の認定を今年当社も小さいながらに取得いたしました。(ちょっと前になりますが…)

BCP(Business  Continuity  Plan)とは

 自然災害などへの対応を定めた計画案で、災害後に事業活動をできるだけ早く再開し、事業を継続するために策定する。優先して再開する業務や、原料の調達・輸送の代替手段などを具体的に明記し、実行性を上げるためのもの。
東日本大震災後、6年という月日が流れましたが、ここ静岡では地震は切り離すことができないもの、まして近年は大型台風の到来、集中豪雨など自然災害は一度やってくれば人の力の及ぶものではないことをつくづく感じさせられます。
今回の取得のきっかけは大井川商工会バックアップのもと、商工会青年部で中小企業診断士の大石 徹先生の指導をいただき、勉強会並びに認定取得を目指そうというものでした。
実際勉強し始めると、商いをしていく中で思いがけない災害に遭遇したとき、復旧・再興していくまでには多くの備え・時間・人員・資金など必要なこと。いち早く復旧することで日頃お世話になっている地域への復興の役割を果たすことができる重要性を感じました。いままで漠然としていた自社の災害対策をあらためて見直す良い機会になりました。
今回簡易版BCPの認定ですが正訂版の取得を目指したいと思いながら日々の業務に追われております・・・
                       

 

 

スタッフブログ

サービス案内

取扱メーカー

wakos取扱店

お客様の声

お問い合わせはこちら